CECILな1日
古都奈良の、セレクトショップのオーナーがその日に入荷したファッションアイテムやら、 2008年に再燃してしまったジュリー・沢田研二さんの事、そして大好きなハワイについて書いています!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
なんで服屋がアルゼンチンタンゴなのか?  その②
Mさんと知り合ったのは1976年。

短大に入る前の春休み。



Mさんからの付き人の話は「勝手にしやがれ」が

レコード大賞取った後くらいかな?

そうして1978年にボストンバック(

キャリーバックなんてない時代です)と

2万円だけを握りしめ

守少年は親に勘当同然で(後でそのこと聞いた)

大阪から上京したのでありました。

ジュリーとの面接があると言うので

事務所でドキドキしながら待ってると

しばらくしてジュリー登場!


何聞かれるんやろう・・と

心臓バクバクの守少年に

ジュリーが開口一番

「ジブン、野球できるか?」

やったそうな(笑)

「はい!出来ます」

そりゃそうや甲子園常連校の野球部やってんもん。

その頃のジュリーは

「JULIE'S」って野球チーム持ってたから

即戦力になるのは間違いなし!

と思ったか思わんかったか(笑)

野球の件で採用になったかは

定かではないけれどその場で決定!


img016.jpg



しかし、住むところも決めてないまま上京。

親からは勘当同然で

東京の親戚を頼るな!と釘をさされた守少年の付き人生活は


ローディさんの自宅の仮住まいから始まりました。

つづく・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。