CECILな1日
古都奈良の、セレクトショップのオーナーがその日に入荷したファッションアイテムやら、 2008年に再燃してしまったジュリー・沢田研二さんの事、そして大好きなハワイについて書いています!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
なんで服屋がアルゼンチンタンゴなのか?  その①
お久しぶりです~。

最近はfacebookに投稿することが多くて

ブログの方はご無沙汰でした。

6月30日に『西澤守・ならまちタンゴVol.2」を

奈良のならまちセンターで開催することになりました。

そのコンサートでfacebookの方々がお手伝いをと、

おっしゃって下さっています。

しかし、マモルさんと私の経緯は皆さんあまりご存じなく

なんで服屋がアルゼンチンタンゴなのか?

昔からの友人・知人の方々ならなぜ私が

マモタン♪(タンゴ歌手西澤守のマネージメント)

をしているのかは耳タコなくらい聞かされてると思うけど

、ここでも書いてみようと思います。


私と守(年下なんでプライベートの時は呼び捨てw)

が知り合ったのは

ジュリーのファンの友人を介してやったと思う。

守もジュリーファンで気が付けばそこにいた。

18歳のころから

ちょこっと遠出の追っかけまがいの事をしてた時に

スタッフのM本さんと懇意になり

「ジュリーの付き人探してるんだけど

誰かいない?」と聞かれ

将来的には芸能界と言うところで

デビュー出来るかも知れないと!(^^)!

その時に、即答したかどうかは定かではないけど

「いる!」

守に「アンタ

ジュリーの付き人に行ってき~!(行っておいで)」

18歳の守は背は高いし足も長い

髪はロン毛で甘いマスク(笑)

しかもスリムで

ロック歌手目指してたんでそこそこ歌も歌える。

鶴瓶さんのやってた、視聴者参加番組の

バンド大会で優勝してたし。

高校野球児やったけど、躰を壊して挫折。

これは行くしかないやろうと

子供心に思ったんでした。

つづく・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。