CECILな1日
古都奈良の、セレクトショップのオーナーがその日に入荷したファッションアイテムやら、 2008年に再燃してしまったジュリー・沢田研二さんの事、そして大好きなハワイについて書いています!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
西澤守とオルケスタ・ビエントス終演
終わってしまいました・・・・

朝早くから集まって頂いたスタッフの皆さん、心より感謝申し上げます。

約半年前から企画が上がり、準備を進めて来ました。

大阪阿倍野区民ホールの大ホールと言うこともあり

客席も、ステージも大きく広く

バンドも大編成で、きっと今までとは違う守さんの歌声になるんでは?と思っていましたが

やっぱり狙い?(笑)通りでした。

1部はタンゴ誕生から今現在に至るまでの歴史を

歌と演奏者の皆さん、守さんとケンジ&リリアナさんのお二人のダンサーの小芝居も交え

丁寧に判り易い構成でした。

ステージ上には古びたテーブルと椅子。1輪の薔薇。

そこから1組の男女が織りなす、出会いから別れの情景。

会場のみなさんがうっとりとみつめておられたのを、客席横からもよ~く判りました。

DSCF5230.jpg


2部は守さんの歌中心の内容。

これまた大編成のバンドの皆さんが、守さんの歌声をより一層際立たせてました。

最後の「さらば草原よ(アディオス・パンパミーア)」は

「草原で育った青年が僕は希望を持ってこの地を去って行くんだ。
生まれ育った山や川、みんなさよなら。僕はもう2度と戻って来ないだろう。
でも、もし僕が死んだら魂はあの白い鳩に乗って、この地に舞い戻って来るだろう」

↑な歌詞で、地元大阪を離れ、東京へ大志を抱いて向かった頃の自分と重なり

「また、ウルッと来たけど、我慢した~!」と言うてはりました(我慢なしでもOKやったのに~!)

守さん、大阪へはいつでも帰れるしみんな待ってるし、どうぞお帰り下さいね(笑)

DSCF5233.jpg


客席もほぼ満席で、お帰りになる皆さん口々に「良かったよ~!!」と

おっしゃって下さったんで、後片付けにも気合いが入りました(笑)


今回1番残念やったのは、タンゴのお好きな年代に

きっちりとした告知(宣伝)が出来ていなかったと言うこと。

私の父の青春時代にがタンゴが大流行したそうで

問い合わせの電話があったのも、やはりその年代の方でした。

今来られたうちの客様も、昨日行って下さってて

「良かったよ~!前から5番目で堪能した!」とおっしゃって帰られました!


DSCF5241.jpg



打ち上げは東京から来て頂いてた守さんの友人や

J友さんも含め、総勢約30人!(笑)

年末の土用の夜の居酒屋さんは激混みで、他のお客さんとも混ざりながらの

反省会は無しの(笑)飲み食い大会になりました!

守さん、30周年おめでとうございました!!

お互いの出身地、出会った地で一緒にお祝のコンサートが

大勢のスタッフの皆さんや、お客様そしてアーティストの方々と開催できたのが

何よりも嬉しかったです!

また来年の話が出てるから、ガンバるで~!!あ、もちろんCECILも頑張ります!(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
先日は、有難う御座いました。
2列目で、堪能させていただきました。

思っていたよりずっ~と良かったです。


2010/12/21(火) 16:11:58 | URL | さとこ #-[ 編集]
さとこさん
来て頂けてありがとうございました!

神席でしたか?(笑)

思ってたより(笑)良かったと言って頂けて嬉しいです!
次回も(あるんか?)よろしくお願い致します。
2010/12/21(火) 16:13:50 | URL | にゃんたま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。