CECILな1日
古都奈良の、セレクトショップのオーナーがその日に入荷したファッションアイテムやら、 2008年に再燃してしまったジュリー・沢田研二さんの事、そして大好きなハワイについて書いています!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
壊れないもの、残るもの。
昨日、関西ローカルの「よ~いドン」という番組の

「思いでご飯」のコーナーで桂文珍さんが出ておられて

紫綬褒章のお祝いかねてやと思うけど、下積時代の話から現在までの

ご自身の思い出にまつわるお話をされてた。


新ネタが出来て、そのお祝いにはやっと買える「鯵1匹づつ」がご馳走やったと。

それから人気が出てきてレギュラーも増え、

持ち物が増えて来て、これからの在り方に思い悩む時期に

ちょうど阪神大震災があり、自宅は半壊持ち物も多く壊れてしまった。

大事なもの、壊れないものはいったいなんやろうと考えて

行き着いた答えが「古典落語」やったそうな。

それからは米朝さんや大物師匠に弟子入りを願い

古典落語に力を注いでると、その甲斐?あっての

今回の賞ややないかというのが昨日の文珍さん話のダイジェスト。

それを見終わって思ったのは

あ、守さんがいつも言うてるのはこの事やんねな!(今更?^^;)

「俺はタンゴを歌う、歌いたいんや!」

今のアルゼンチンタンゴはピアソラと言う人が

新しいタンゴの流れを作って、それがタンゴやと思ってる人も多い。

だけど「俺は古典のタンゴを歌いたいんや!」と。

古典が大事なのは落語だけやない。

日舞しかり、白鳥の湖のバレエもやし

歌舞伎、文楽、書き出したらキリないやん(笑)

クラッシクの音楽だってそこがなけりゃ今の音楽なんてありえへんのやもの。

な~んて、語ってる私。。。今頃、こんな話、遅いやんね。。。

でもね、こないだのラジオパーソナリティの乾さんに

「西澤さんはほんまもん」と言わしめた守さんのタンゴ

多くの人にもっともっと聞いてもらいたいなぁ!


西澤 守とオルケスタ・ビエントス




そのホンマもんの「西澤 守とオルケスタ・ビエントス」のコンサートまで後10日です!

マモタン♪Web shop


チケットはこちらから!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。