CECILな1日
古都奈良の、セレクトショップのオーナーがその日に入荷したファッションアイテムやら、 2008年に再燃してしまったジュリー・沢田研二さんの事、そして大好きなハワイについて書いています!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
トレス・ビエントス@阿倍野区民ホール おおきに!大阪!
朝の11時にボスコヴィラから法隆寺まで送って頂き
そこから天王寺へJRで移動。

その間ジュリ友さん2人が
メンバーさんの荷物を車で阿倍野区民ホールまで運んでくれる
と言うありがたさ。

時間通りに、会場へ着くと、音響さんはセッティング中。
リハーサルも時間通りに進み

昨年の11月のいかるがホールのコンサートの時には
D癌で入院中やった父もおめかしして、1時間前からウロウロ(笑)

地元が大阪の西澤さん、ダンスのケンジさんも大学がD志社やったということで
沢山のご友人がお見えになってました。

また私が参加させて頂いてる奈良の交流会の社長様方
何人ものジュリ友さん(ジュリーの京都とカブッてたのにごめんね!)
、私も大阪が地元なんで 中学の同級生もチラホラ。

今回、チケットを心斎橋の福耳さんと言う居酒屋さんにもお願いしてたので
そこの奥様が急遽スタッフになって下さったりと
色んな方々に感謝しながら

時間通りに?(テンパッててわからんかった)沢田組のちあきちゃんの
アナウンスで、幕が開きました。

お馴染み「ラ・クンパルシータ」から始まり
今回はダンスのケンジ&リリアナさんが
素晴らしい、本当に素晴らしいダンスを交え
西澤さんの歌声と、演奏をいつも以上に引き立てて下さいました。

9928173_13289390_237large.jpg


そしてプログラムは進み
アンコールでのMCでは・・・・

西澤さんが、まさかの涙!
ほとんど号泣に近かったです。

タンゴを歌い始めて27年。
ステージで歌うようになって25年。

大阪でタンゴはダメと言うジンクスがあるそうで
いつもはライブハウスでのご活躍のみやったらしいですが

今回は、大きなステージと言うこともあり
お母様や、子供時代にお世話になった方のお顔も目に入ったそうで
自分でも驚くほどの涙やったそうです。

9928173_13289788_129large.jpg




私も会場の1番後ろから、嬉しい涙が溢れました。

アンコールでは父が大好きやと言う
「さらば草原よ」も歌って下さり
そしてこの曲だけは同じコンサートで2回かけても良い歌
「ラ・クンパルシータ」で幕を閉じました。

お客様をお見送りする際に
口々に皆さんが「良かったよ!」とおっしゃるのを聞いて
大阪でタンゴはアカン!と言うジンクスを
吹っ飛ばせたんやないかと感じました。


最後に、今回の公演に関わって下さった皆様にお礼申し上げます。
見に来て頂いた皆様、本当にありがとうございました。


あ、タイトルの「おおきに!大阪!」は

ライブの最後に守さんが言った言葉なんです!

ん~、どこかで聞いたようなフレーズ…(笑)

       打ち上げへつづく・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。