CECILな1日
古都奈良の、セレクトショップのオーナーがその日に入荷したファッションアイテムやら、 2008年に再燃してしまったジュリー・沢田研二さんの事、そして大好きなハワイについて書いています!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
朝日新聞13日「be on Saturday」

DSCF3676.jpg

読んだその瞬間からブログに書きたいと思いつつ

記事があまりに素晴らしすぎて、書けないまま今日になってしまいました。

そのインタビューの一節。

「そりゃ体は重いですよ。走っても
きっと格好は良くない。

でも、ぶざまでもがんばっている姿は感動を呼ぶと思うんです。
 
いずれは体力的にがんばれなくなる。
バラードしかできなくなる。

だから今はまだがんばりたい」

頑張れと客席から声をかけられると

「頑張ってるもんに頑張ってる言うな!」とマジで返し

「この年の人間に頑張ってる言うたら、老人虐待や!」と

自虐気味ではあるけど、本気で答えるジュリー。

そうやって頑張ってるジュリーが

まだ「がんばりたい」と言ってる。
日本一やったあのジュリーが
還暦過ぎてもまだがんばる。

人生50年ちょいの私は、もっとがんばらな。

自分の中に「沢田研二」が入り込んでる気がするときがたま~にある(笑)

私の生き方は多分、女としては可愛げがないかも知れない(笑)

でもね、もちっとがんばります。


そして、もう一節。

「やっぱり、生きるって死ぬ準備でしょ。 おおざっぱに言えば」

シアワセな人も不幸もお金持ちもそうじゃない人も

全ての人に共通してるのは死ぬって事。

じゃあ、もいっちょ死ぬ前にがんばりますので皆さんよろしくお願い致します。
(あ、最後は私の事になってしもた・・・・^^;)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。